トップ> 最新コラム情報> みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ> 人的資本は金融資本の源‐「自分年金」作りでもおさえておきたい“人的資本(=将来にわたって稼ぐお金)

みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ

2013.10.09

人的資本は金融資本の源‐「自分年金」作りでもおさえておきたい“人的資本(=将来にわたって稼ぐお金)

「自分年金」作りでもおさえておきたい“人的資本(=将来にわたって稼ぐお金)”

前回「自分自身こそが資本!」で触れましたが、私たちには既に蓄えていて目に見える資本以外に、私たち自身、つまり現在25歳前後であれば、今後40年ぐらいにわたって収入を得ることができる資本(=人的資本)があり、それが将来の金融資本の源になる点をお話しました。

下の図は将来にわたる人的資本と貯蓄あるいは株式、債券、投資信託など金融資本との関係を示したものです。
資産運用では、どの世代においても、この図の考え方が非常に重要になってきます。

若い世代の特徴=将来にわたって稼ぐお金が大きい

働ける期間が長い若い世代の特徴として、人的資本(=将来にわたって稼ぐお金)が大きい点が挙げられます。たとえ資産運用がうまくいかなくても、それを取り返すだけの時間と将来の収入が残されています。さらにこの世代では、スキルアップやキャリアアップ(転職等)のビジョンを描き実行することで、金融資本が増加する可能性があり、将来の不安を取り除くことにつなげられるかもしれません。

60歳前後の人は、損失を取り返せる時間が残り少ない

退職直前である60歳前後の人は、その資本のほとんどが金融資本で占められ、人的資本がわずかしかありません。これは、資産運用による損失を取り返す時間の余裕が若い世代と比較して少ないことを示しています。当コラム「女性の2人に1人が90歳超まで生きる時代に」でご紹介したように、現在65歳の男性が84歳以上まで生きる可能性が50%、同様に女性は89歳以上まで生きる可能性が50%ある現状から考えると、人的資本を大きくするために、70歳まで働くことを選択肢に入れる必要があるかもしれませんね。

次回は、人的資本と投資リスクの関係についてご紹介します。

Display1

上記はあくまでイメージ図です。
出所:厚生労働省「平成23年 簡易生命表」

  • 当コラムは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。
  • 当コラムは信用できると判断される情報をもとに作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当コラムに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
  • 当コラムの内容は予告なしに変更することがあります。

かんたん年金計算シミュレーション

働いていた期間を入力してボタンをクリック!

性別:
から
追加

※複数の期間にまたがる場合は、
すべての期間を入力してください。

「年金支給額」を計算する

上記はあくまで簡易的な計算方法に基づく試算であり、皆様の実際の年金支給額を示唆・保証するものではありません。ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。

年金計算について
上記の「年金支給額」(月額)の計算方法は以下のとおりです。「年金支給額」は基礎年金部分および厚生年金部分から構成されます。基礎年金部分は、現行制度の上限である40年間加入したものとして四捨五入し算出しています(月額6.6万円)。厚生年金部分は、5400円×累積年収(万円)÷1200で算出しています。なお、累積年収は厚生労働省の「平成23年賃金構造基本統計調査」において、雇用形態が正社員および正職員である男女それぞれの全産業における年代別平均年収(20歳~24歳のように5歳刻み)をもとに、各年代について平均年収に当該年代内において働いた年数を乗じた金額を算出し、すべての年代の金額を合計しています。なお、ここでの「年金支給額」の試算は簡易的なものですので、ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。また年金制度は今後変更される場合があります。
出所:厚生労働省、日本経済新聞生活経済部編 「30歳から始める!幸せになるためのシングル女性の人生設計」日本経済新聞出版社>閉じる

かんたん年金計算シミュレーション

あなたの大まかな年金支給額(月額)

万円

関連書籍紹介