トップ> 最新コラム情報> みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ> 金融商品の選び方- お金を色分けしてみよう

みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ

2013.12.19

金融商品の選び方- お金を色分けしてみよう

お金を色分けすると選び方が見えてくる

金融商品を利用して将来のライフイベントへ備える場合、世の中に数多くあるものの中から、何を選べばいいのか分からない、という声をよく聞きます。

金融商品選びの一つのポイントとしては、「お金をいつ使うのか」を基準に色分けして異なる箱で管理するイメージを持つことが挙げられます。では、30歳代半ばで3歳のお子さんがいる人を例に、短期、長期、超長期の三つの視点から具体的に考えてみましょう。

3年後に車を買い替えたいときは?

例えば、3年後に自動車を買い替えることを検討している場合、使い始めるまでの時間が比較的短いため、相対的に元本の安全性が高い金融商品を選択したほうがよいと言えるでしょう。

15年後の子供の学費の準備をしたいときは?

第一子が大学に入学する15年後に必要となる学費を準備する場合、使い始めるまでの時間が比較的長いため、元本の安全性よりも「お金にも働いてもらう(=資産運用を行う)」ことを意識しながら、少し高めのリスク(価格変動幅)を持つ金融商品を選択したほうがよいと言えるかもしれません。

30年後の老後の生活費を準備するときは?

30年後に退職する自分の老後の生活を支える資金(「自分年金」)を準備する場合は、どのように考えればよいでしょうか。使い始めるまでの時間が非常に長いことから、超長期の視点でしっかりと「お金にも働いてもらう」ことを意識し、適切なリスクを取った積極的な運用を行う金融商品の選択がより現実的な選択肢となると言えます。

文章内グラフ
上記はイメージ図です。

  • 当コラムは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。
  • 当コラムは信用できると判断される情報をもとに作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当コラムに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
  • 当コラムの内容は予告なしに変更することがあります。

かんたん年金計算シミュレーション

働いていた期間を入力してボタンをクリック!

性別:
から
追加

※複数の期間にまたがる場合は、
すべての期間を入力してください。

「年金支給額」を計算する

上記はあくまで簡易的な計算方法に基づく試算であり、皆様の実際の年金支給額を示唆・保証するものではありません。ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。

年金計算について
上記の「年金支給額」(月額)の計算方法は以下のとおりです。「年金支給額」は基礎年金部分および厚生年金部分から構成されます。基礎年金部分は、現行制度の上限である40年間加入したものとして四捨五入し算出しています(月額6.6万円)。厚生年金部分は、5400円×累積年収(万円)÷1200で算出しています。なお、累積年収は厚生労働省の「平成23年賃金構造基本統計調査」において、雇用形態が正社員および正職員である男女それぞれの全産業における年代別平均年収(20歳~24歳のように5歳刻み)をもとに、各年代について平均年収に当該年代内において働いた年数を乗じた金額を算出し、すべての年代の金額を合計しています。なお、ここでの「年金支給額」の試算は簡易的なものですので、ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。また年金制度は今後変更される場合があります。
出所:厚生労働省、日本経済新聞生活経済部編 「30歳から始める!幸せになるためのシングル女性の人生設計」日本経済新聞出版社>閉じる

かんたん年金計算シミュレーション

あなたの大まかな年金支給額(月額)

万円

関連書籍紹介