日本を元気に!「自分年金」コラム

2013.06.12

若者と人的資本

ある調査では、今年成人式を迎えた若者の8割弱が「日本の未来は暗い」と答えました。実際、就職難だけでなく、将来的にも年金をあまりもらえそうになく、国の膨大な借金のツケを払わされる「若者はかわいそう」と言われることがあります。

2013年5月に発表された内閣府の「国民生活に関する世論調査」(2012年)では、20代と30代の約7割が現在の生活に「満足」と答えています。一方、同じ調査で「日常生活での悩みや不安」に関しては、20代と30代の約6割が「感じる」と答えており、若者は「今は幸せ」と感じながらも、「将来は不安」と思っているようです。

自分自身も若者である新進気鋭の社会学者である古市憲寿氏(28歳)はその著書「絶望の国の幸福な若者たち」で、人は将来に希望を描けない時に「今は幸せ」と回答すると述べており、この見解によれば、若者の幸せは「あきらめ」の上に成り立つ「かりそめの幸せ」と言えるかもしれません。

しかし、「自分年金」作りにおいては若者であることが有利な点もあります。それは「人的資本」が大きいことです。人的資本とは、将来受け取ると期待される収入の合計のことで、預貯金、株式、債券、投資信託などの金融資本の対極にある概念です。

Display1

中高年は一般的に金融資本をある程度蓄えている半面、退職までの期間が短いため、人的資本は限られています。一方、若者は金融資本が少ない半面、働ける時間がたっぷりあるので、人的資本は豊富です。ただ、せっかくの人的資本も活用しなければ宝の持ち腐れなので、将来の収入増加につながる自分磨きに励んだり、若いうちに「時間を味方につける」長期投資のスタートを切り、数十年先のゴールを目指してひたすら続けることが大切ではないでしょうか。

【当コラム筆者:カフェバーのマスターとは?】thumbnail_master
もともとは金融機関勤務、今はカフェバーのマスターをしています。
私のお店にはお金の悩みを持つ、いろいろなお客様がいらっしゃいます。
いつもお店でお客様にアドバイスしていることを皆さんにも直接、お伝えしたくて、このコラムを始めました。

  • 当コラムは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。
  • 当コラムは信用できると判断される情報をもとに作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当コラムに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
  • 当コラムの内容は予告なしに変更することがあります。

かんたん年金計算シミュレーション

働いていた期間を入力してボタンをクリック!

性別:
から
追加

※複数の期間にまたがる場合は、
すべての期間を入力してください。

「年金支給額」を計算する

上記はあくまで簡易的な計算方法に基づく試算であり、皆様の実際の年金支給額を示唆・保証するものではありません。ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。

年金計算について
上記の「年金支給額」(月額)の計算方法は以下のとおりです。「年金支給額」は基礎年金部分および厚生年金部分から構成されます。基礎年金部分は、現行制度の上限である40年間加入したものとして四捨五入し算出しています(月額6.6万円)。厚生年金部分は、5400円×累積年収(万円)÷1200で算出しています。なお、累積年収は厚生労働省の「平成23年賃金構造基本統計調査」において、雇用形態が正社員および正職員である男女それぞれの全産業における年代別平均年収(20歳~24歳のように5歳刻み)をもとに、各年代について平均年収に当該年代内において働いた年数を乗じた金額を算出し、すべての年代の金額を合計しています。なお、ここでの「年金支給額」の試算は簡易的なものですので、ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。また年金制度は今後変更される場合があります。
出所:厚生労働省、日本経済新聞生活経済部編 「30歳から始める!幸せになるためのシングル女性の人生設計」日本経済新聞出版社>閉じる

かんたん年金計算シミュレーション

あなたの大まかな年金支給額(月額)

万円

関連書籍紹介