トップ> 最新コラム情報> みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ> 4月から「自分年金」作りデビュー! – あなたは合理的な選択ができていますか?

みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ

2014.04.09

4月から「自分年金」作りデビュー! – あなたは合理的な選択ができていますか?

安心・安全なものを選ぼうとする心理とは?

4月がスタートし、新しい気持ちで「自分年金」作りを始めようと希望に燃えているあなた。

その手段として元本保証という安心感に惹かれ、低金利の預貯金を選ぼうとしていませんか。もし答えが”Yes”であれば、なぜ安心・安全なものを選ぼうとしたのでしょう。わたしたち人間が持つ興味深い性質を理解すると、もしかしたら全く異なる選択をする可能性が出てくるかもしれません。

今ここに2つの選択肢があります。ドアAは、80%の確率で40万円の利益を得ることができます。一方でドアBは、100%の確率で30万円の利益を得ることができます。あなたならどちらのドアを選びますか?

合理的

出所:カーネマンおよびトベルスキー
ブランク 620-25

2002年にノーベル経済学賞を受賞した米国プリンストン大学のカーネマン教授ら研究者がアメリカで実験を行った際に、ドアBを選ぶ人が8割を占めました。でも実際はドアAを選んだほうが、次の計算結果のように期待値としての利益が多いことになります。

ブランク 620-25

期待値

ブランク 320-25

人は損失を避けるために、より確実なものを選んでしまう性質を持っています。この実験の場合には、期待値での利益が多いドアAよりも、確実に利益を得られるドアBを選んでしまったわけです。その理由を下の図が説明してくれています。

喜び悲しみ

上記はあくまでイメージ図です。
出所:「ダニエル・カーネマン/エイモス・トベルスキー共著 ”Prospect Theory: An Analysis of Decision under Risk”(1979)をもとにアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成

損失のときの感情は、利益のときの2倍以上!?

損失と利益が同じ金額(横軸)であっても、損失のときの感情(=「苦しみ」)は、利益のときの感情(=「喜び」)の約2倍以上も大きく感じてしまいます(縦軸)。このため、損失を避けようと、利益が確実なドアBを選ぶ人が大多数を占めたのです。

長い時間をかけて育てる「自分年金」作りでも、本来、あなた自身が取れるはずの適切なリスク(=価格変動幅)を取らずに、損をしない元本保証の預貯金を選んでしまいがちです。この選択がはたして合理的なのかは、あなたの感情に焦点を当てることで見えてくるかもしれません。

  • 当コラムは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。
  • 当コラムは信用できると判断される情報をもとに作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当コラムに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
  • 当コラムの内容は予告なしに変更することがあります。

かんたん年金計算シミュレーション

働いていた期間を入力してボタンをクリック!

性別:
から
追加

※複数の期間にまたがる場合は、
すべての期間を入力してください。

「年金支給額」を計算する

上記はあくまで簡易的な計算方法に基づく試算であり、皆様の実際の年金支給額を示唆・保証するものではありません。ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。

年金計算について
上記の「年金支給額」(月額)の計算方法は以下のとおりです。「年金支給額」は基礎年金部分および厚生年金部分から構成されます。基礎年金部分は、現行制度の上限である40年間加入したものとして四捨五入し算出しています(月額6.6万円)。厚生年金部分は、5400円×累積年収(万円)÷1200で算出しています。なお、累積年収は厚生労働省の「平成23年賃金構造基本統計調査」において、雇用形態が正社員および正職員である男女それぞれの全産業における年代別平均年収(20歳~24歳のように5歳刻み)をもとに、各年代について平均年収に当該年代内において働いた年数を乗じた金額を算出し、すべての年代の金額を合計しています。なお、ここでの「年金支給額」の試算は簡易的なものですので、ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。また年金制度は今後変更される場合があります。
出所:厚生労働省、日本経済新聞生活経済部編 「30歳から始める!幸せになるためのシングル女性の人生設計」日本経済新聞出版社>閉じる

かんたん年金計算シミュレーション

あなたの大まかな年金支給額(月額)

万円

関連書籍紹介