トップ> 最新コラム情報> みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ> 2050年の年金制度、ほぼ1人で1人を支える時代に!?

みんなに教えよう! 「自分年金」作り女子ネタ

2013.05.08

2050年の年金制度、ほぼ1人で1人を支える時代に!?

1人が1人の年金受給者を支える時代が来る!?

日本の年金制度を取り巻く環境がどんどん厳しくなっていることは、ニュースなどでお聞きになった方が多いのではないでしょうか。

日本の公的年金は現役世代が支払った年金保険料をその時点の年金受給者に給付する仕組みが基本であり、社会全体で高齢者を支えているイメージです。

積立金も計画的に活用されますが、私たちが将来受け取る年金は、その時点の現役世代の年金保険料が充てられることになるため、自分自身で積み立てた年金保険料がそのまま自分自身の年金として戻ってくるということではありません。

1990年*当時は、およそ5人の現役世代で1人の年金受給者を支えていました。
今後、少子高齢化がさらに進むことが予想されており、2050年*には、およそ1人が1人の年金受給者を支えるという「肩車社会」、つまり高負担社会が訪れる可能性が高くなっています。
これが年金の受給開始年齢引き上げや年金支給額の減額の議論に結びついています。
*基礎年金の年金扶養率に基づきます。

20130502_clm_img

予測は今後変更される可能性があります。
基礎年金の年金扶養率に基づき記載
出所:厚生労働省のデータに基づき、アライアンス・バーンスタイン株式会社が作成

このような背景から私たちの世代は公的年金を今ほど頼りにできず、それを補完するものとして自分年金作りの必要性が増してきているのです。

  • 当コラムは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。
  • 当コラムは信用できると判断される情報をもとに作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当コラムに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
  • 当コラムの内容は予告なしに変更することがあります。

かんたん年金計算シミュレーション

働いていた期間を入力してボタンをクリック!

性別:
から
追加

※複数の期間にまたがる場合は、
すべての期間を入力してください。

「年金支給額」を計算する

上記はあくまで簡易的な計算方法に基づく試算であり、皆様の実際の年金支給額を示唆・保証するものではありません。ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。

年金計算について
上記の「年金支給額」(月額)の計算方法は以下のとおりです。「年金支給額」は基礎年金部分および厚生年金部分から構成されます。基礎年金部分は、現行制度の上限である40年間加入したものとして四捨五入し算出しています(月額6.6万円)。厚生年金部分は、5400円×累積年収(万円)÷1200で算出しています。なお、累積年収は厚生労働省の「平成23年賃金構造基本統計調査」において、雇用形態が正社員および正職員である男女それぞれの全産業における年代別平均年収(20歳~24歳のように5歳刻み)をもとに、各年代について平均年収に当該年代内において働いた年数を乗じた金額を算出し、すべての年代の金額を合計しています。なお、ここでの「年金支給額」の試算は簡易的なものですので、ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。また年金制度は今後変更される場合があります。
出所:厚生労働省、日本経済新聞生活経済部編 「30歳から始める!幸せになるためのシングル女性の人生設計」日本経済新聞出版社>閉じる

かんたん年金計算シミュレーション

あなたの大まかな年金支給額(月額)

万円

関連書籍紹介