日本を元気に!「自分年金」コラム

2013.07.11

お金と幸せの関係

前回に続き、今回は幸福度を左右する3要素の中でも、「自分年金」作りと直接関係のある「お金」についてお話します。

「幸せはお金では買えない」と言いますが、多いに越したことはありません。ただ、お金がたくさんあっても幸せになれるとは限らないようです。

ノーベル経済学賞を受賞した米国のダニエル・カーネマン博士の「年収と幸福」に関する論文によると、年収と幸福度は75,000米ドル(約750万円)まで比例するものの、年収がそれを超えると、幸福度は頭打ちになるそうです。

その理由としては、以下の二つが指摘されています。

一つは、自分の収入を他人と比較してしまう「所得相対」仮説です。

(A)同僚の年収は250万円で、あなたは500万円
(B)同僚の年収は2,000万円で、あなたは1,000万円

(A)と(B)のどちらを選ぶかという実験では、約半数が(A)を選択したそうです。
私たち人間は愚かにも、優越感や妬みなどの感情から不合理な行動をしてしまうものなのです。

Display1

もう一つの理由も、「快楽の踏み車」仮説と呼ばれる人間の悲しい性です。
夢が次々叶っても、獲得した新たな環境に慣れると、私たちはそれを当たり前と思ってしまいます。しかも、ある願望が達成されると、それに応じて要求水準も上がるため、ゴールはどんどん遠のきます。欲望に引きずられると、いくら走っても前に進まない踏み車を回すハムスターのように、永遠にたどり着かないゴールを目指してひたすら走ることになりかねません。

結局、幸せを人と比べたり、物質的な豊かさを追い求めたりすると、きりがありません。幸せになるには、私たち日本人もブータンの人のように「足ることを知る」必要があるのではないでしょうか。ありふれた日常の中にささやかな喜びを見出せれば、幸せな人がもっと増えると思います。

ポジティブ「自分年金」の目的は資産形成だけではなく、それをきっかけに色々なことに前向きに取り組み、幸せをつかむことです。


【当コラム筆者:カフェバーのマスターとは?】thumbnail_master
もともとは金融機関勤務、今はカフェバーのマスターをしています。
私のお店にはお金の悩みを持つ、いろいろなお客様がいらっしゃいます。
いつもお店でお客様にアドバイスしていることを皆さんにも直接、お伝えしたくて、このコラムを始めました。

  • 当コラムは読者の皆様への情報提供を目的としてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成しています。
  • 当コラムは信用できると判断される情報をもとに作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当コラムに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
  • 当コラムの内容は予告なしに変更することがあります。

かんたん年金計算シミュレーション

働いていた期間を入力してボタンをクリック!

性別:
から
追加

※複数の期間にまたがる場合は、
すべての期間を入力してください。

「年金支給額」を計算する

上記はあくまで簡易的な計算方法に基づく試算であり、皆様の実際の年金支給額を示唆・保証するものではありません。ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。

年金計算について
上記の「年金支給額」(月額)の計算方法は以下のとおりです。「年金支給額」は基礎年金部分および厚生年金部分から構成されます。基礎年金部分は、現行制度の上限である40年間加入したものとして四捨五入し算出しています(月額6.6万円)。厚生年金部分は、5400円×累積年収(万円)÷1200で算出しています。なお、累積年収は厚生労働省の「平成23年賃金構造基本統計調査」において、雇用形態が正社員および正職員である男女それぞれの全産業における年代別平均年収(20歳~24歳のように5歳刻み)をもとに、各年代について平均年収に当該年代内において働いた年数を乗じた金額を算出し、すべての年代の金額を合計しています。なお、ここでの「年金支給額」の試算は簡易的なものですので、ご自身のより精緻な「年金支給額」については、日本年金機構ホームページや年金事務所にてご確認ください。また年金制度は今後変更される場合があります。
出所:厚生労働省、日本経済新聞生活経済部編 「30歳から始める!幸せになるためのシングル女性の人生設計」日本経済新聞出版社>閉じる

かんたん年金計算シミュレーション

あなたの大まかな年金支給額(月額)

万円

関連書籍紹介